「何をやっていいかわからない」時間対策のために。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

授業やイベントの際、生徒や聴衆がダレることってよくあります。

私語・ケータイを急に行い始める時間です。

images-1

 

これ、別に生徒や聴衆が悪いわけではないのです。

 

前にある先生から、「何をやっている時間かわからない時間を作ってはならない」という指摘を受けました。

 

授業の終わり、生徒が騒いでいる時に、その先生はこう言いました。

「これ、何の時間?」

 

この発言ですが、すごくもっともな質問です。

 

私が「何をやっていいかわからない」時間を生徒に与えてしまっていた。
それが騒いでいる原因なんですよ。

 

その先生は教えてくれたわけです。

 

授業でもなんでも、「何をやっていいかわからない」時間があると、人はダレます。

 

レジを待つ時間、信号待ちの時間、
やることが見つからないためイライラします。

 

授業でも指示と指示の「合間」の空白の時間があると、
「ノートを取ればいいのか」「教科書を読むのか」わからず、
結果私語や立ち歩きをしちゃういます。

 

だからやるべきことは「何をやっていいかわからない」時間を出来るだけなくすこと。

 

要は「スキマ時間」を減らす、ということ。

授業もイベントも、「何をやっていいかわからない」時間があると間違い無くダレます。

 

「何をやっていいかわからない」からこそ、その不安を解消するため人は「私語」「ケータイ」をします。

人によっては「内職」をします。

 

「自然は真空を嫌う」とかつて言われました。

ある箱から空気を抜いて真空にしようとすると、必ずどこかから空気が入り、真空を作れない、という仮説です。

科学はあっさりこの仮説を乗り越えてしまいましたが、社会生活においてこの仮説はまだまだ当てはまります。

 

授業やイベントなどで「何をやっていいかわからない」時間、「何もない」時間に対し、人間は不安になります。

だからこそ、不安解消の道具として「私語」「ケータイ」を行うわけです。

 

結局は授業者や企画者の力量不足。

 

授業の流れを考えるときも、「何をやっていいかわからない」時間をなくすことって、大事ですね。

「はやく問題が出来た人は、感想をノートの下に書きましょう」

「問題集の次のページをやりましょう」

「アンケートの裏に、〈今日からできること〉を書いてください」

 

プロの教員やイベンターは、こんな指示・発問を自在に出来る人のことでもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. sakai chizuko より:

    すごく勉強になりました。 何をするかきちんと伝える! これからの授業に生かします。 まだまだ学ぶことばかりです。

コメントを残す

*

CAPTCHA