「勉強になった」禁止令。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

研修やセミナーに出る。

その時、「勉強になった」という声をよく聞く。

(ちなみに私の学校でもよく聞きます)

しかし、あまりにも多くこの声を聞いていて、疑問が浮かんできた。

 

「この人は、何を学んだのか」

「どんなふうに勉強になったのか」

「今後どう役に立つのか」

 

あまりにも適当に「勉強になった」を言ってはいないだろうか?

 

ただ「勉強になる」というのと、「カネになる」「役に立つ」のは全く違う。

 

「研修」や「勉強会」の問題点は、「いいことを学んだ」だけで全く身にならない事がある点だ。

 

「研修」や「セミナー」は麻薬と同じ。

やるときだけ、ハイになる。

 

ある意味でエンターテイメント。

悪く言えば一瞬しか効かない栄養ドリンク。

暇つぶしに買われたスポーツ紙。

 

そんなセミナーを自分はしていないか?

そんなセミナーに自分は出ていないか?

 

自問したくなってくる。

 

「研修」や「勉強会」に出る人はパチンコをやっている人よりは「良さ気」な時間の使い方をしているように見える。

 

でもそれが「カネになる」のかどうかを考えると、パチンコの回収率のほうが高いかもしれない。

 

セミナーをやる側は、セミナーというだけで「よさげ」なイメージがある。

でもそれが本当に役立っているのか、検討が必要だろう。

 

無論、セミナー依存者を増やすことで自己の売上を上げることも可能である。

よく言うとファンづくり、悪く言うとカルトの教祖。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. nomadeducation より:

    日本ノマド・エジュケーション協会 でリブログ& コメント:

    「勉強になった」禁止令!

コメントを残す

*

CAPTCHA