先生を選べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近、「先生を選べ」という本を友人宅で読んだ。

理由は忘れたが、

「あの先生のいうことだから、何か意味があるのだろう」と受け止めることが大切だ。自分の先生の発言や著作のヘキゲン節句をあげつらい、批判して「我賢し」、というのはあるべき姿ではない

とあった。そして「先生を批判するよりも、自分自身がその先生の理論を乗り越える」重要性を説いていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください