アラン『アラン教育随筆』橋田和道訳, 論創社, 1999。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

From Evernote:

アラン『アラン教育随筆』橋田和道訳, 論創社, 1999。

アランは私の最も好きな哲学者である。

なにより、直接的なのがいい。
「疲れた時に、その理由を考えたりするのではなく、
まず伸びをしよう」
「不幸につながる考えはすべて間違った考えである」
「まず自分が幸せになろう」
読んでいて元気になる哲学書はあまりない。
『アラン教育随筆』はアランの教育に関する
エッセイ(=プロポ)をまとめたもの。
なかなか勉強になる箴言が多い。
「何かを知っているという場合、大変な不都合がある。もうそれを学べないからだ。何かの定理が証明されている場合、大変な不都合がある。もう自信を持ってそれを推理できなくなるからだ」(20)
「教養人の力の一つは、完全に忘れるということだ。身ぎれいにし、沐浴し、汚れを落とす。あらゆる教養人には、つむじ曲がりのところがある。つむじ曲がりのところと気骨とがある。くどくど考えようとはしない。彼は歩く。そしてまだ繁っていない葉のあいだを月が一緒に走るのを見る。ここに彼の天文学書がある」(29)
→教養人は事物からものを考える。
何か書物だけでものごとを判断する人ではない。
「良心(カンシャンス)は決してためらわない」(45)
「どうやらここに、つぶさなければならない偏見がある。それは、教育があれば当然地位が約束されるべきだ、というものだ。一体、学問とは、どういうふうに理解されているのだろうか(…)学問は、それ自体によっても、万人にとってもいいものであり、また万人の手に届くところにあり、常識が培われたものに過ぎない、という考えがもてるまでにならなければならないだろう」(48)
→昨日書いた、生涯学習に関しての論考に関係のある点である。
「道徳的生活にはいるとは、まさに規則から解放され、自分自身で判断し、結局は自分にしか従わないことだ。ですから教育は、道徳がなくても、教育のない道徳より道徳的なのであります」(53)
「音楽も、聞くだけにとどまっていて全く歌わないなら、喜びはほとんど得られない。だからある知恵者は、音楽とは耳でなく喉で味わう、と言った」(124)
「まず幸せになれ、とはかの賢人が言うとおりである。なぜなら幸せは、平和の果実として得られるものではないからだ。幸せこそ平和そのものなのだ」(129)
「ばかとは、人の意を迎えるために自分の考えを変える者だ。ばかとは、意見を流行のコートのように着ける者だ。ばかとは、いやいやながら好きになろうとする者だ」(261)
「負けるな、そこからはい上がれ、自分自身を助けよ、人には自分自身を助ける力があると信じろ。その証明は試練しかあり得ない。最初の努力と最初の成功によって自信が生まれるだろう。意欲を積み重ねれば、意欲の持ち方を知るだろう」(272)
「幸福はいつも逃げ去る、と言われる。これはもらいものの幸福についてなら正しい。なぜなら、もらいものの幸福なんてないからだ。だが自分で得る幸福は本物だ。それは学ぶことだ。そして人は常に学ぶ。知るほどに、ますます学ぶことができる」(125)
私が気になるのは、アランが経験学習や実物教授を批判している点である。
そのロジックが、あんまり理解できない。
「自分で経験する」ことの大事さをアラン自身も重視しているからだ。
おそらく経験で終わってしまう「はいまわる経験主義」批判をしているのだろう。
「経験は、絶えず正義を否定するからだ。一体だれが金持ちになるのか。一体だれが征服するのか。一体だれが近代式の学校を建てるのか。それは、不平等に賭け、このこと自体によって勝った者と決っている」(267)
この点は、経験主義の学校が金持ちのためのものになってしまう点に近い。
109ページのところで、経験学習ははじめの一歩としてのみ、役立つと述べている。
それはあくまで入り口であり、地球や科学法則については経験では学べない、ということを述べている。
経験のみでなく、想像についても批判的だ。
「なぜなら、実際、経験は万人に降り注ぎ皆が等しく濡らされるが、皆が等しく学ぶわけではないからだ。人間らしい心の仕事は、そういう物を考え直すことにあるのであって、光り輝くものとか燃え上がるものとかだけを見つめることではない。これは犬猫には決してやれないことである。犬猫は想像のみで生きる」(110)
アランの経験主義批判について、どなたかお教え下さいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA