中国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中国論がよく語られる昨今である。

私はいろんな中国論を聞くが、ひとつ重要な点を外した議論が多いと思う。

それは中国には日本の10倍人がいる、という点だ。
中国製品叩きはいま多い。しかし、日本の10倍人がいるのだから日本の10倍不良品が出ても、半ば当然といえるのでないか。

犯罪者が仮に日本の10倍いても当然である。人口が10倍違うのだから。

軍事もしかり。日本はかなりの軍事大国。それでも人口は中国の10分の1。なら中国が日本の10倍の軍事を持たぬかぎり、中国のみを軍事大国と批判することはルール違反のはずだ。
人口が10倍違うのだから、浮浪者も悪人も仮に10倍いて当たり前である。

むしろ逆の面も見るべきだ。人口が10倍違うということは、日本より10倍天才がでて当然である。経済規模が10倍になっても不思議はない。

人口の視点を、我々は発想の根幹に置かぬと、本質が見えなくなるかもしれぬ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA