「教育のための社会」メモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

子どもに対し、温かい社会。それが「教育のための社会」といえるのではないか。

いろいろ欠点を持つ子でも、鷲田清一風にいうなら「にもかかわらず愛される」ということである。

子どもの可能性を発揮する場を多く作る。
→イギリスの「ブックスタート」。0歳から5歳までの子どもに例外なく無料で絵本等の詰まったプレゼントを贈ること。政府が行っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA