吉永良正『「複雑系」とは何か』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

吉永良正『「複雑系」とは何か』(講談社現代新書、1996)

38頁
(複雑系は)「全体は部分の総和以上である」という性質をもつがゆえに、これまでの科学の方法では攻略できないというわけだ。

244頁
複雑系が真に問うているのは、「世界を見ることを学び直すこと」なのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA