日本フリースクール協会とフリースクール全国ネットワーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

●フリースクールに関しての全国団体には2つがある。日本フリースクール協会とフリースクール全国ネットワークの2つである。

●両者は何が違うのかを比較してみる。

はじめに日本フリースクール協会(JFSA)。こちらは「日本初のフリースクールのネットワーク団体」と謳っている。自団体についての説明を見る。http://www.t-net.ne.jp/~eisei/jfsa/jigyou/jigyou.htmlより。

1998年5月に発足したNPO法人日本フリースクール協会は「不登校」・「引きこもり」等に対して、学校教育の枠にとらわれない「学びの場・居場所作り」を目指して活動している教育機関です。活動は年間数回のセミナー・相談会を実施しております。

 続いてフリースクール全国ネットワーク(通称 フリネット)。こちらは私がボランティアをさせていただいている場所だ。http://www.freeschoolnetwork.jp/#%E3%81%8A%E3%81%97%E3%82%89%E3%81%9B

NPO法人フリースクール全国ネットワークは、日本全国の、子どもの立場に立ち活動するフリースクールをつなぐネットワーク団体として2001年2月3日に誕生しました。各地のフリースクール・居場所、または世界中のフリースクールとの架け橋として活動しています。

発足年では日本フリースクール協会の方が3年ほど早い。

●正規団体数はどうか?

日本フリースクール協会は41団体。
フリースクール全国ネットワークは45団体。

若干、フリースクール全国ネットワークの方が多い。

●続いて、役員についてみていく。
日本フリースクール協会の役員。http://www.t-net.ne.jp/~eisei/jfsa/bosyu/itiran.htmlより。

理事長 武藤 [NPO法人 楠木の学園]
副理事長

中島 [ K&K ]
副理事長 難波 [カナディアンアカデミー]
理事 月岡 [相模湖フリースクール]
理事 荒井 [東京国際学園高等部]
理事 高橋 [登校拒否文化医学研究所]
理事 木谷 [日本アウトワードバウンド協会]
理事(事務局長) 田中 [フリースクール ゆうがく]
理事 須藤 [須藤教育研究所]
理事 高栁 [茶屋町総合学習センター]
理事 川合 [フリースクール英明塾]
監事 雨宮 [フリースクールあおば]
理事 吉田 [学舎直夢]
理事 長森 [渋谷高等学院]
理事 平井 [W・S・Oセンター]
理事 梅津 [特定非営利活動法人フリースクール ゆうゆう]
理事

馬場 [フリースクール ぱいでぃあ]

理事 幸田 [ウォーム・アップ・スクール]
理事 坂詰 [NPO法人 和泉自由学校]
理事 後藤 [Xing(クロッシング)]
理事 丸山 [フリースクール育心塾]
理事 矢吹 [マインドヘルスパーソナリティセンター付属健康学園]
理事 山本 [YGS高等部]


フリースクール全国ネットワークの役員についてはhttp://www.freeschoolnetwork.jp/history/history.htmから引用する。

各地のフリースクールの代表者が理事を務めています。
 <特定非営利活動法人フリースクール全国ネットワーク役員>
代表理事 奥地圭子(NPO法人東京シューレ理事長)
       増田良枝(NPO法人越谷らるご理事長)
   理事 江川和弥(NPO法人寺子屋方丈舎常務理事・事務局長)
       木村清美(フリースクールヒューマンハーバー主宰)
       高橋徹(フリースクール僕んち代表理事)
       田辺克之(神戸フリースクール代表)
   監事 児玉勇二(弁護士)       

●加盟団体で見ると、日本フリースクール協会にはサポート校などの「学習」寄りの者が多い。「対人関係の回復」など、ある意味の学校復帰色が強い。また「このフリースクールではこういうことが学べます」ということを謳っているフリースクールがおおい(あくまでネットで見た限りです)。 けれど、フリースクール全国ネットワークは「過ごす」ことを重視したフリースクールが多いのだ。子どもが自由に過ごし、学びたいときに学び、遊びたいときに遊び、帰りたいときに帰る。こういう色が強い。

なりますというフリースクールは両団体に加盟。ポケットフリースクールも両団体加盟である。両者の壁は意外に薄いのかもしれない。

追記
●ネットで調べていると、日本オルタナティブスクール協会というものもあった。こちらはサポート校の集まりという色がハッキリ出ている。8「校」が加盟。こっちははっきりと「加盟校」という。学校扱いなのだ。学校色の薄いフリースクールならば「団体」という言い方をよく使う。
 下は団体の説明をしているページ。協会のウェブサイトよりもってきた。

これまでの学校教育における、「いじめ」「不登校」「校内暴力」などの様々な歪みや弊害を改革するための教育活動を行い、全国に広がっている通信制サポート校。
その通信制サポート校が、厳しいガイドラインを設け、自主規制を行いながら、行政や社会に対して認知活動を行うことを目的に、1996年、全国通信制サ ポート校協議会を発足させました。そしてこの協会が、より幅広い活動をするために、またより明確に会のあり方を示すために、2000年3月1日付をもって 名称を変更し「日本オルタナティブスクール協会」とし、現在に至っております。

●「学習」寄りか、「過ごす」寄りか。日本フリースクール協会とフリースクール全国ネットワーク、日本オルタナティブスクール協会の3者を立て分けると次のようになるだろう。
「学習」寄りの順には、
日本オルタナティブスクール協会・日本フリースクール協会・フリースクール全国ネットワーク、となる。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 小中春人 より:

    おつかれさま!!
    いろいろ協会と名の付く組織があるけど、その協会一つ一つ、分析していくとおもしろいよね。

  2. 似たような名前の協会が多くなると、よく分からなくなります。

    日本オルタナティブスクール協会が、実は一番「学校」に近いとか、いろんな矛盾点があり、混乱してきます。

    日本史の学習で仏像の名前を覚えるときを思い出します。「ナントカ菩薩像」がたくさんならぶと、何が何だか分からなくなります。

    でも、まとめてみると面白くなってくるでしょうね。

  3. Anonymous より:

    こういう事件が実際にあったら面白くない?

    アメリカのフリースクールで銃乱射 5人死亡、11人負傷

    [USO]1日2時9分

     カリフォルニア州南部にあるフリースクールで、現地時間の31日、9時ごろ、少年が銃を乱射し5人を殺害し、11人に重軽傷を負わせた。
    複数の現地メディアは、犯人の少年は黒いトレンチコートのような服を着ていたと報道。地元警察によると、少年は銃を乱射後に、玄関で銃で自分の頭部を打ち抜き自殺、フリースクールの生徒はすでに避難しており、現場では救急隊員らが対応に当たっている。

    私のブログ「アメリカ銃事件報告の書」のカテゴリー「USOニュース」の記事より一部抜粋 詳しくは(全文は)「アメリカ銃事件報告の書」にて

コメントを残す

*

CAPTCHA