文理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私はよく理系人間に間違えられる。私の専門は教育社会学。文系分野だ。何故誤解されるのか?

日本には圧倒的に自称「文系」人間が多い。私が接するのも文系の人ばかりだ。文系人たちは、<自分とは違う属性をもちそうなひと>(つまりエクセントリックな人)と出会うとき、次のように思う(たぶん)。

「あの人は、おそらく自分とは違うカテゴリーに分類されるのであろう」と。

私・石田の存在は風変わりであるが故に、理系であると邪推されるのだ。

人を理系や文系に分類しようとする際、おそらく「あいつは俺と違う点が多い。きっと俺とは違うカテゴリーに入るんだろう」という考えが働く。ここには無意識的に排除の論理が働いているのである(と思います)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください