私の読書法、あるいは勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私は一人の作家にハマったとき、徹底的にその人の本ばかり読むというクセがある。

同一作家は複数の本で同じことを何度も何度も言及する。そのため沢山読んでいると、少しずつ理解が及ぶようになってくる。

いままで、灰谷健次郎と内田樹などにこの方法をもちいてきた。

いま宮台真司を読んでいる。

難解ではあるが、読む中で彼の思想が少しずつわかってきている。

同一作家の本を読んでいると、その人物が体内に入り込んでくる。そうなってきたら、あとは楽だ。何人の作家を体内に入れられるか。これが勝負だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください