人間は「社会的動物」ではない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ドミニック・ローホーはやっぱりスゴイ!




人間関係に疲れたら『「限りなく少なく」豊かに生きる』を読もう。

 

よく人間は「社会的動物」と言います。

人は「人と関わりあうことで生きていける」。
よく聞きます。

 

ところが!

それは「ちがう」と言う本を見つけちゃいました!

person-1381406_960_720

シンプル・ライフの教祖とも言えるドミニック・ローホー。
彼女の『「限りなく少なく」豊かに生きる』に、こんな言葉があります。

 

ちょっと長いですが、引用します(読んでね)。

 気心の知れた友人が数人もいれば十分。それ以外の人間関係は「実用に即したもの」と「避けられないもの」に限定します。たとえば職場の同僚、パン屋、隣人という具合に。社会的なつながりはもちろん必要です。しかし、それもできるだけ少なく、密度も頻度も少なくするのです。(105)

なんか、こういう話、「ああ、いいな〜」と思う瞬間って、ありますよね。

m030188

肝心なのはその続きです。

 

フランスの物理学者、哲学者であるマルク・アレヴィは「社会的動物」としての人間について、「これは今日では不要な神話である」と語っています。この言葉は、相互扶助が必要で、人間の生活が不安定な時代に作られたものだと言っているのです。
アレヴィによれば、ミニマリスト(最小限主義者)は「社会的」ではないのです。弱者のみが他者を必要とし、自分たちの弱さを数で取り繕うために群れをなし、その人たちはやむなく団結するのだ、と。弱者に至っては必要なものは自ら満たすことができるので、他者の助けなどいらず、約束ごと、告白、誓約、恋愛事情も最小限にとどめながら、他者にかかわることなく自らの生活を営むのだ、とも述べています。
つまり人間関係においても、ミニマリストは、「過剰」や「雑多」を排除していきます。可能な限り社会的なものから逃れ、自分の個性を育み、「孤独」を用心深く守るのです。(105-106)

 

技術革新は人間を自由にする

この部分を読むと、「人間は社会的な動物」ということの欺瞞性・暴力性を感じずにはいられません。

今の時代、インターネットのおかげで、「社会的」にならなくても生きれるようになりました。
その分、人間は自由になったのです。

私はコミュニタリアンではなく、リベラリスト(ネオリベにあらず)を目指しています。

技術革新は、無駄な人間関係・傷つける人間関係・辛い人間関係をしなくても人間を活かしてくれるようになりました。

技術革新は、人間をより自由にするのです。

それを実感できるのがシンプル・ライフなのでしょう。

いま妻と一緒にガランとした部屋にいて、ドミニック・ローホーさんがシンプル・ライフについて書いてくれていることに感謝を感じています。

 

この記事に「いいね!」と思ったら以下からアクセスをお願いします!


教育・学校 ブログランキングへ
 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

作文教室ゆう通信添削コース

札幌駅前の作文塾「作文教室ゆう」の授業をご自宅でも!


安心1)続けられる通信添削。スカイプで相談できます!
安心2)あなたに合わせたオーダーメイド教材をお届け!
安心3)プロ(作文教室講師)による、細かな添削!


いまだけ月3,000-から始められる、
続く・安心・オーダーメイドな作文・小論文の通信添削!


詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA