感動!ビートたけしの著書『新しい道徳』のエピソード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビートたけしの人生最大の決断とは?

ビッグ3といえば、それはビートたけし

日本の芸能界の「ビッグ3」といえば?

1980年代に言われていました。

はじめは萩本欽一・ビートたけし・タモリ

欽ちゃん引退後はビートたけし・タモリ・明石家さんま。

おそろしいのは
そこから30年たっても、いまだに「ビッグ3」に変化がないのです。

只者ではない。

特にすごいのは自分で「軍団」も持っているビートたけし。

 

タレント、映画監督など多彩に活動しています。

あまり知られていないのが画家である点と、作家でもある点です。

今日は著書『新しい道徳』を見てみましょう。

 

『新しい道徳』のグッとくるエピソード
ビートたけしの人生最大の決断とは?

この本、私はただ面白おかしく読んでいるだけでした。

ですが。

最後の方に、グッとくるエピソードがあったんです!

ちょっと感動しちゃいました。

引用しますね。

 

これまでの人生でいくつもの決断をしてきたけれど、いちばん大きかったのは、やっぱり大学を中退するという決断だった。

大学を辞めて、俺は芸人の世界に飛び込んだ。それは、俺にとっては、群れから飛び出すということで、自殺するにも等しい決断だった。(・・・)

浅草でのたれ死にしてもいいと、本気で思っていた。

芸人ならのたれ死にしても格好いいやなんてうそぶいていたけれど、内心は内心はそんな格好いいものではなかった。ただ、今でも忘れられないのは、そうすると心に決めたとき、見上げた空がほんとうに高くて広かったってことだ。ああ俺は、こんなに自由だったんだなあって思った。(143-144)

PAK25_aozoratomachinami_TP_V

どうです?

なんかグッと来ません?

 

最後もまたいいんです。

芸人になることについてのお話です。

 

何度でもいうけれど、成功する保証はまったくない。

はっきりいえば、ほとんど成功しないだろう。そんなことは当たり前だ。芸人は何千人もいるのに、まともに喰える奴はほんの一握りなんだから。

ただ、成功はしなくても、自分の頭上の、何もない、高くて広い空を見上げることはできる。

もう一回この世に生まれたら、のたれ死にすることになっても、あの空を見上げるためだけに、やっぱり俺は群れを飛び出すと思う。

格好つけているのではなく、のたれ死にしてもいいやと思えるなら、なんでもやれるということだけのことなんだけれど。(146)

私もこんな青空、見てみたいです。

いま、こういう「格好いいビートたけし」は映画の中だけのように感じます。

ビートたけしは毒満載の本を書いています。

『だから私は嫌われる』とか、すごくいいんです。

暴論なんだけど、納得。
「モヤモヤ感じていたことを言葉にしてくれた!」
そんな快感があります。

テレビや映画のビートたけしだけでなく、
本のビートたけしも奥深い。

そう感じています。



ブログランキング参加中!1日ワンクリックをお願いします!

教育・学校 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

作文教室ゆう通信添削コース

札幌駅前の作文塾「作文教室ゆう」の授業をご自宅でも!


安心1)続けられる通信添削。スカイプで相談できます!
安心2)あなたに合わせたオーダーメイド教材をお届け!
安心3)プロ(作文教室講師)による、細かな添削!


いまだけ月3,000-から始められる、
続く・安心・オーダーメイドな作文・小論文の通信添削!


詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA