宇宙飛行士というノマド。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この前、札幌市立の青少年科学館にいきました。

 

そこにあったのが、宇宙飛行士・山崎直子さん関連の展示。

 

日本人女性としては2人目の宇宙飛行士

山崎さんが宇宙に持って行ったという品々を飾っていました。

IMG_6303

 

この展示、なかなか「面白かった」です。

 

それは宇宙飛行士というシンプルライフを垣間見た気がするからです。



宇宙ステーションもスペースシャトル内も、
限られた荷物しかもっていけません。

 

こっそり荷物を増やすだけで、
燃料費が変わってきてしまうことも・・・。

 

ギリギリまで「私物」をしぼっている感じ。

 

とっても面白かったです。

 

宇宙にも「ポストイット」は必要だったり、
ドライバーやハサミをまとめた「多機能ナイフ」を使っていたり。
(飛行機だと持ち込めないのですが、宇宙船だと持ち込めるのがいいですね)

 

 

けっこう使える「テープ」。
やっぱり積み込まれていました。

 

宇宙飛行士を参考にすると、
持ち物を減らせる!

 

そう感じました。

 

宇宙ステーションを模した展示も、なかなか力を入れています。
中に入ると・・・。

 

ある工夫が見つかりますが、
それはお楽しみに!!!

 

 

そんな札幌市立の青少年科学館。
最近リニュールアルオープンしています。

url-1

展示がパワーアップ!
特にプラネタリウムはこの4月に新しくなりました。

星の数、なんとこれまでの10倍、1億個。
ぜひ行ってみてください〜。

 

大人も、けっこう楽しめますよ(たぶん)。

札幌市青少年科学館

 

こちらもどうぞ!

 

  1. 夢と、思いと、今の自分と。 (2)
  2. 「自己啓発」はあなたを不幸にする!〜リチャード・ワイズマン, 2009,『その科学が成功を決める』文秋文庫〜 (2)
  3. ノマド・スタディという発想 (2)
  4. 苫野一徳, 2014, 『「自由」はいかに可能か 社会構想のための哲学』① (2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください