北海道的ネーミングセンスな建物たち。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

北海道にいると、「???」と思うネーミングセンスの建物がたくさんあります。

 

わりと有名どころから。

(1)北海きたえーる(最寄り:地下鉄東豊線 豊平公園駅)

20121109142515_1
北海道立総合体育センター(通称:北海きたえーる)

前の職場でこんな会話がありました。

「来週、きたえーるに行ってきます」

「鍛えるって、一体を?」

何も知らないというのは恐ろしいことです。
「きたえーる」の正式名称は「総合体育センター」なので、
インドアスポーツの北海道大会・全国大会の会場にもなります。

特に有名なのはバスケットボール。

プロバスケットボールチーム「レバンガ北海道」の本拠地です。

でもね・・・。

「きたえーる」で日々練習しているってどんなシャレなの???

 

ほかにコンサート会場としても使われています。
小田和正・Perfumeなどもライブをやるようですね。

「小田和正、きたえーるに来るんだって」
「え、小田和正、北海道に体鍛えに来るの???」

 

 

 

ちなみに「北海きたえーる」の「北海」ですが、
北海学園大学が命名権を買っているからついています。
(本州の人からすると「北海道」から取っていると思うので、
宣伝効果が薄い気が・・・。「学園」も入れたらいいのに・・・)

 

北海学園大学といえばご存知「大泉洋」の母校として有名ですね。
そう、「学園」っていうことです。

 

 

(2)札幌ファクトリー(最寄り:地下鉄東西線 バスセンター前駅)

image001

これも前の職場での会話です。

「昨日、ファクトリーでこの服手に入れたの。」

その相手の服を見て、「へー、工場まで行ってきたんだ〜」と思いました。

当然、違います。

「札幌ファクトリー」という名のショッピングモールです。

 

有名ブランドから無名ブランドまで、
ちょっとオシャレ系のアパレルショップが並ぶショッピングモール。

知る人ぞ知る良質家具のお店・カリモクも入ってます。

 

 

上階には「ユナイテッド・シネマ札幌」があります。
真夜中でも観れる映画館は札幌では貴重です。
ということで、よく観に行ってました。

 

ハッキリ言ってしまうと札幌ファクトリー、
「面倒」な場所にあります。

札幌駅から歩くと地味に遠いんです。
(20分くらい歩きますが、観光客はたぶん辿りつけないでしょう。
途中の二条市場あたりでカニ売りのキャッチに引っかかるはずです)

 

札幌駅から行くには、地下鉄で大通駅→乗り換えてバスセンター前駅と
たった2駅なのに乗り換えが必要です。

 

その上、札幌ファクトリー、店の種類が
札幌駅の上にある「ステラプレイス」という超大型ショッピングモールと
かぶるんです。

「わざわざ行かなくても・・・」感満載です。

 

それにあそこの駐車場、いつでも「満車」です。
停めれる日はいつくるのか・・・。

 

札幌ファクトリーに行くと、家族連れの多さで疲れます。

 

そんなときはとなりの永山記念公園がオススメです。
古き好き歴史的建物と芝生のある公園。
ちょっと落ち着きますし、なぜか人がぐっと減ります。

 

なお、この「札幌ファクトリー」という名称、
もともとサッポロビールの工場があったから由来しています。

工場があったからファクトリーと名づけてしまう。
北海道の人って、正直ですね。

 

このサッポロビールの工場ですが、もとは「開拓使ビール」という
政府直営のビール工場でした。

そんな昔の工場建物を活かしたのが札幌ファクトリー。
赤レンガのキレイな建物が立ち並びます。
見てみると楽しいのでは。

ちょっとですが当時の様子がわかる展示室もあります。
(大体の人は気づかない場所にあります・・・)

書き忘れましたが、「工場跡地」なので、
いくつもの建物に廊下をつないでショッピングモールとしています。

「あの店の次はこの店に行って、そしてランチを食べて映画を観て・・・。」
すべて「違う建物」だったりします。

たかが買い物のために・・・
階段を登って、廊下を渡って、エスカレーターで降りて、回り道して映画館の入口に入って、うっかり別のエスカレーターに乗ると上りを探すのが面倒で、そのうち「ここはどこ? 私はどこに行きたいの・・・」「駅はどっち?」「帰りたい」・・・。

そんなことが頻発するのです。

 




(3)つどーむ(最寄り駅:地下鉄東豊線 栄町駅)

slide001

おまたせしました。
真打ち登場です。

ある意味、北海道的ネーミングセンスを象徴する建物です。

「つどーむ」っていう名称に、ダサさがあふれています。

だって、「つどーむ」ですよ???
行きたくないでしょ?

 

正式名称は「札幌コミュニティドーム」(まだこっちのほうがマシ)。

健康増進のための施設です。

 

なんとB’zがコンサートに来たこともあるんですね!

「B’zがつどーむに来るよ!」

なんかカッコ悪いです。

これもすべてネーミングセンスのせいです。

 

 

こんなに活躍した「つどーむ」ですが、
札幌ドーム」ができてしまってからは地位低下がはなはだしい・・・・。

Sapporo_Dome_Hovering_Stage

札幌ドームは道民大好き「北海道日本ハムファイターズ」の本拠地です。
「札幌ドーム」の名称のネーミングライツは「売れなかった」ため、いまだに名称が「札幌ドーム」なのです(それも北海道っぽい)。

 

札幌ドームに客足をとられた「つどーむ」。
不思議なことに個人利用もできます。
個人利用規約

ドームなのに個人利用できるって凄いです。

 

なにげに2月上旬には「さっぽろ雪まつり」の第二会場となります。
(第一会場の巨大雪像は「大通公園」にたくさん並びます。
地下鉄大通駅からはすごい人出があふれます)

 

でもね・・・。

栄町駅なんて遠すぎて、ほとんど行きません。
(開催期間が大通公園の「さっぽろ雪まつり」より
1週間長いので、休みの都合がつかない人にはオススメ)

 

さて、今日は北海道的ネーミングセンスを象徴する3つの建物をご紹介しました。

 

振り返りましょう。

 

北海きたえーる、札幌ファクトリー、つどーむ。

 

実はちゃんと最寄りに地下鉄があり、車が無くてもいけてしまう場所です。

北海道観光旅行の際、気にかけてみるといいのでは?

 

 

 

・・・いろいろ書きましたが、
そんなダサかっこいい北海道、好きです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください