文と理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

文と理があたかもずっと対峙してきたように訴える看板。しかし、これは事実だろうか?

ネタとして語ることはあっても、現実として文理が敵対してきたことはない。そうでなければ学問はできないからだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA