波というもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんなことはないだろうか。

さっきまで誰もいなかったコンビニに1人お客が来ると、雪崩を打って人がやってくる。

昼間も真夜中も同じこと。
突如として、お客の波が来る。

konbini-1

ひなびた山奥の温泉にいて貸切状態であっても、1台クルマが来ると続けて2台・3台とやってくる。

波というものは、確かにある。

url-2

仕事にも波がある。

url

忙しい「忙殺」週間のあと、突如として「何もない」期間が来る。

「あいだ」の忙しさ・中間の忙しさはあまりない。

めちゃくちゃ忙しいか、暇か、その2択しか無い。

これ、人生も同じこと。

めちゃくちゃ忙しく、密度の多い期間と、

何もなく、変化に乏しい期間とが合間する。

どうせなら「暇」の方がいいけれど、
「暇」すぎると「オレって、いる意味あるの?」と思ってしまう。

url-1

「波」というものを、人間は時として忘れる。
つまり、波と波の来ない中間がある、と考えてしまう。

そんなものは存在しないことに、どこかの時点で気付かなければならない。

そう思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA