若さをどう見るか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近、年齢や「若さ」について、気になること・感じることが多い。

いくつか羅列してみる。

images

(1)教員と「若さ」

教員は「若い」とわりと人気を得られる。

それを、大学でも聞いたし、大学院でも聞いたし、就職した学校でも聞いた。

だからこそ、「若さ」以外の武器を「若さ」のある間に学んでおかないと、「なんにもできない」教員になってしまう。

しみじみ、実感する。

(2)本の筆者と「若さ」

最近、無意識に、読む本の著者の年齢を気にしている。

『だから日本はズレている』の古市憲寿さんは85年生まれ、『新世代努力論』のイケダハヤトさんは86年生まれ。

『ネットが味方になるWebマーケティングの授業』の伊藤新之介さんは88年生まれ。

88年(早生まれ)の私としては、「年上」の作者は素直に読める。

しかし、年下の作者を素直に読めるかというと、はなはだ疑問がある。

9k=

(3)名作と「若さ」

ある人が言っていたが、歳を取ると「名作」と言われる小説を読めなくなるのには理由があるという。

それは「主人公の年齢を上回ってしまう」ことによる。

ドストエフスキーの『罪と罰』。

主人公ラスコーリニコフは20代。

夏目漱石の『三四郎』。

大学1年生の主人公は23歳(そういう時代です)。

小説を読むとき、「年下の活躍」を見ることになる。

それを楽しく見れるようになるには人生への「達観」が必要なように思う。

大学1年生の夏。

テレビで見た甲子園の大会。

「ああ、みんな年下の活躍なんだ」と気づいた。

(結論)

「若さ」や「年齢」をどうみるか。

そのためには人間的成長が必要なように思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA