トーベ・ヤンソン展(北海道立帯広美術館)に行く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

みんなが知ってるムーミン。

そのムーミンを作ったのは誰か?
それがトーベ・ヤンソン

200px-Tove_Jansson_1956

昨年生誕百年を迎えたトーベ・ヤンソンの美術展が、いま帯広で開催されている。

スクリーンショット 2015-02-11 10.55.30

ムーミンの作品は戦争中に生まれる。
戦争の悲惨さに対し、夢を語るためにムーミンの物語を作っている。

全9作のムーミンの小説をトーベは残しているが、はじめの2作は戦争と関わっている。

現実の悲惨さ・苦悩があるからこそ、ムーミン谷の物語は人をホッとさせてくれる。
それを感じた。

スクリーンショット 2015-02-11 10.55.41

また、トーベは孤独へのあこがれがあり、
島に「夏の家」を作り、一人こもり仕事に没頭した。

その姿からスナフキンを連想した。

トーベ・ヤンソン展

【場所】北海道立帯広美術館(帯広市緑ヶ丘2番地)

【時間】午前9時30分〜午後5時

【費用】一般1000円・高大生550円・小中生250円

【期間】平成26年12月13日〜平成27年2月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください