気骨ある生き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さいきん、明治から昭和期の実業家の本を読むのにはまっています。

出光公三、

松下幸之助、

本多静六、

渋沢栄一etc,etc.

彼らのバイタリティは、やっぱりすごいです。

「明治人の気骨」というわけではないけど、

「何もない」時代に何かをなそうとした気概。

これ、僕も欲しいなー、と思います。

人には、年寄りだとか若いとかに関係なく、誰でもわたしのように「これだけは譲れない」というところがぜひあって欲しいものである。そうでないと、人の一生というものが、まったく生き甲斐のないものになってしまう。(渋沢栄一『現代語訳 論語と算盤』

 

shibusawa-L

 

こういう生き方、したいものです。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480065350/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4480065350&linkCode=as2&tag=ishidahajime-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA