ゴールを設定しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この間、ある人と飲みに行きました。

地域活性化について語り合うというひととき。

その中でふと気づいたのが、「地域活性化って、何を持って言うのだろう」ということです。

 

「地域活性化」。

多くの人が言うわりに意味・狙いが「あいまい」な言葉です。

 

「地域活性化」。

コミュニティカフェを運営することが地域活性化なのか、

大卒の若者がその場で働く場所があるのが地域活性化なのか。

工業団地を誘致するのも「地域活性化」ならば、

「葉っぱを売る」のも「地域活性化」です。

 

でもみんな一緒くたにして「地域活性化」と言っています。

 

なんでも言えてしまう状態だと、「何をやっていいかわからない」になります。

 

教育についてもこれが言えます。

「教育を良くしよう」という際、

学力の全体的な引き上げをいうのか、

地域とつながる授業をすることをいうのか、

「情報科」を入試科目にすることなのか、

特別支援教育にもっと金を出すことなのか、

みんなあいまいです。

 

ゴールを決めなければ、有効な手立てが取れません。

 

逆にゴールさえ決めれば、後は簡単です。


7G20120103TTT0700350G300000

私の「地域活性化」とは、「大卒の若者がとりあえずその町に住んで、

住民税を納めること」をいいます。

雇用をその町に作らなくても、そこから通勤出来ればそれでよし、の立場です。

 

ここに「コミュニティ・カフェ」などを入れるから話が見えなくなります。

 

いったいゴールはどこなのか。

明確化することが必要ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

CAPTCHA