「もし、無限にお金と時間と才能があれば、何をしますか?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高校では進路指導というものがあります。

究極的には「進学か就職か」を生徒本人が決断する。
その場を提供するのが仕事です。

ただ、いきなり聞いてもあんまりおもしろくありません。

そんな時、私が(なるべく)聞きたいのがこの質問です。

「もし、無限にお金と時間と才能があれば、何をしますか?」

imgres

これはマツダミヒロさんの「魔法の質問」でもあります。

「もし、無限にお金と時間と才能があれば、何をしますか?」

考えてみると、意外に気づきが多いはずです。

ちなみにこの答えは、自分自身の「想像力と夢の限界」を示すものとなるはずです。

 

聞いてみてわかったのが、けっこう皆「本当にやりたいこと」をごまかして生きている、ということ。

「才能がないから…」
「時間がないから…」
「お金がないから…」

では、この3つが「あれば」、どうなのか?

「ない」と言い訳をしていないでしょうか?

それに気づけるのが、一番のこの質問の意味ですね。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4569794742/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4569794742&linkCode=as2&tag=ishidahajime-22

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください