仕事ごっこで日が暮れて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ときどき「いま、自分は何をしているのだろう」と思ってしまう。

何をしているのか、わからなくなる。

6年間続いた「学生(院生)」の惰性は、まだ続く。

そう、自分が「大人」社会でインターンシップをしているに過ぎない気がするのだ。

いわば「仕事ごっこ」。

まじめぶる「まね」、

仕事をする「まね」、

教員の「モノマネ」。

ただ、社会学をやっている以上、自分が気づくのは

「模倣」ということと「仕事」の関係性だ。

人間は突如として社会という「既に始まっているゲーム」に無理やり参加させられる。

そしてルールを参加する中で無理やり身につけさせられる。

「仕事ごっこ」はいわば社会人1年目の人間の本質である。

「仕事ごっこ」のなかで人は「既に始まっている」会社ゲームに巻き込まれるのだ。

自分はまだまだ「会社ゲーム」には新規参入組なんだな、と思う。

でも、仕事ごっこも数年たてば、それが「現実」になる。

「ごっこ」が終焉し、「現実」がようやく始まる。

私もはやく「そっち側」に行きたいと思う。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA