「人生は「具体的に」でうまくいく!」③〜「〜〜してはいけない」と言ってはいけないわけ〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私の実家そばに、公園がありました。

 

その公園には、トイレが二つ付いています。

 

不思議な事に、両方のトイレに似たような張り紙がありました。

 

1つは「トイレを汚すな」。

 

もう1つは「トイレをきれいに使いましょう」。

 

この2つのトイレ、どちらも似たようなトイレでした。

ですが、「トイレを汚すな」は常に汚く、

「トイレをきれいに使いましょう」の方は常にきれいでした。

 

清掃の回数はどちらも同じです。

 

なぜ、「トイレを汚すな」の方は汚くなってしまうのでしょう?

 

その謎解きをしていきます。

 

そのために、私の学校の話をしましょう。

 

私の学校には「〜〜してはいけません」という張り紙はありません。

 

「自分の傘かどうか確かめましょう」(「傘を間違えないでね」ではなく)や、

「カップラーメンの汁は三角コーナーに捨てましょう」(「ここにラーメンの汁を流すな」ではなく)と

書かれています。

 

なぜでしょうか?

 

それは「具体的に」の逆の効果が働くからです。

 

 

以前、映画『インセプション』を観ました。

レオナルド・ディカプリオが

 

「ゾウのことを考えるな」

 

…と指示をします。

そして、

 

「いま何を考えた?」

と聞きます。

 

相手は「ゾウ」と答えるわけです。

 

この話は心理学の教科書にも必ず書かれています。

 

なぜ相手は「ゾウ」と答えるのでしょう?

 

それは「〜〜してはいけない」という指示が

「具体的」であれば「具体的」であるほど、

相手の意識に強く刻まれてしまうからです。

 

「廊下を走るな!」といえばいうほど、

子どもにとっては「廊下を走る」という具体的なイメージが

明確な形で刷り込まれてしまうのです。

 

「相手が嫌なことをするな」というスローガンも、

無意味なことがこれで分かるでしょう。

 

「〜〜してはいけない」は、世の中にあふれています。

 

「悪を許すな」(正義感ドラマとかによくあります)

「ドラッグ、ダメゼッタイ」(ドラッグをなぜダメか言わないため、イメージが強烈に伝わります。ポスターも強烈に伝わります)

「やめよう、電線のそばの凧あげ」(「電線のそば」と「凧あげ」が具体的であるため、イメージが強烈に伝わります)

 

「〜〜してはいけない」は、強烈なメッセージです。

ですが、人間の脳は「否定形」に慣れていません。

 

 

ベイトソンの『精神の生態学』という本があります。

その中に、「動物は否定語を使わない」という話があります。

 

たとえば犬は「私は仲間だから噛まないよ」というメッセージをどう伝えるか、とベイトソンは説明します。

「噛まない」という言葉は、犬にはありません。

 

そのため、相手の犬に近づき、「あま噛み」することで、敵意の無さをアピールするのです。

 

つまり、「〜〜しない」を示すには、「〜〜」をやって見せないといけないのです。

動物って、大変です。

 

でも、人間もまだまだ動物の一部。

であれば、「〜〜してはいけない」というメッセージは、かなり難しいメッセージであると言えましょう。

 

リンゴを見せて「これはリンゴです」というのはカンタン。

でもミカンを見せて「これはリンゴではありません」と伝えることは難しいことです。

 

「〜〜ではない」「〜〜してはいけない」は、けっこう複雑なメッセージなのです。

だからこそ、「〜〜」の部分の方が簡単に伝わります。

 

 

結論です。

 

「〜〜してはいけない」を言うのをやめましょう(この言い方自体に問題があることは、本文のとおりです)。

なぜなら、「〜〜」が具体的であればあるほど、脳に強くイメージされるからです。

 

これは「具体的に」表すことの効果を、逆説的に示すものです。

なぜなら、具体的であればあるほど、相手に強くイメージされることがここからもわかるからです。

 

「具体的に」生きるために…

これからは「〜〜しましょう」をキーワードにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA