帰京日記1日目。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

よく考えると、東京に常設の宿がなくなった。

そうすると、戻る気力がだいぶ失われることに気づく。

 

帰京したのだが、どこへ言って良いのやら。

知り合いに会うために帰ってきているため、

どこへ行きたいという願望がない。

 

もっというと、泊まるところすら決めておらず、放浪の旅だ。

 

まさに「ノマド」。

 

どこへ行こうか風まかせ。

 

とりあえず浅草に行って、寄席でも見ようかな。

一番「日本」っぽい町だし。

 

東京ではスタ丼にいければ後悔はない。

 

地下鉄に乗って気づくのは路線の異常な多さ。

東京は「一極集中」といいながら、

都市機能は東京中に分散している。

札幌のように「札幌」「大通」集中ではない。

そのため大変わかりにくい。

 

料金はそのかわり、非常に安い。

札幌はどの路線も200円スタート。

東京は結構遠くまで行っても200円以内だったりする。

(山手線半周でも190円だし)。

 

札幌からみれば、東京は「南国」ムード満点のリゾート地。

ちょっといけば海にいけるし、

鎌倉も案外近い。

皆薄着だし、暑さだけを言えば冬に東南アジアに遊びに行くのと

あまり感覚的な違いはない。

 

札幌から見れば、東京は十分「魅力」的な

リゾート地なのである。

 

地下鉄代は安いし、店のサービスも良い。

途上国並みに電車は混んでおり、

人口密度も高い。

 

すべてがごちゃごちゃしている点から見ても、

都市計画を再考している国々と違いはない。

 

札幌基準で考えると、

東京は「変な」場所だったのだと改めて気づいている。

 

…だからこそ、魅力的なのだ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA