『となりの関くん』と内職論。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私はかつて、大学院で授業中の「内職」論について研究してきた。

読みたい方は『早稲田大学教育学会紀要』2011年版か

http://nomad-edu.net/2010/05/blog-post_31.htmlをご参照いただきたい。

さて、これらの論文の中で私は次の仮設を検討した。

「生徒は、単に授業をうけるのでなく、

内職によって授業を「再構成」し、

自分にとって有用な時間に変化させる」

私にとっては思い入れのある論文である。

最近『となりの関くん』というマンガを読んでいる。

このマンガ、まさに「内職」的に授業を「再構成」する

クラスメイトの物語である。

郵便屋をやったり、ひざの上でネコを飼ったり。

授業中を自己にとっての有用な時間に「再構成」している。

このように本来の時間を別のものに作り変える「再構成」こそ、

人間の創造性の土台である。

会社の会議中に企画書を構想したり、

電車の待ち時間に本を読んだり、

信号待ちの間にメルマガを読んだり。

現代人は時間を別のものに「再構成」する。

この「再構成」する意志をもつ主体としての人間観を持つことが、

現代社会の見方を転換させることにつながるかもしれない。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4840137919/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=ishidahajime-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4840137919

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA