欲しい物を明確にするということ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

学校の生徒にも言っているのは、

「自分は何をしたいのか」

「自分は何を欲しいのか」

これを明確にすることの大切さ、です。

 

「幸せになりたい」

「もっと成長したい」

こう言う人は多くいます。

 

でも、この願いには具体性がありません。

何をどうしてほしいのか。

何がほしいのか。

はっきりしないことには、力を貸そうにも貸しようがありません。

 

私がこういうことを書くのには、次のような経験があるからです。

それはiPod Touchを欲しくてたまらない時、

出会う人ごとに「私、iPod Touch欲しいんですよ」と言い回った時の経験です。

 

実際、私は出会う人ごとに言い回った結果、

なんとタダでiPod Touchを手に入れることができました。

 

さて、何人目で私は入手できたでしょうか?

なんと

2人目

です!

 

ほしいものが明確であればあるほど、

入手できる確率が上がったことを実感した機会となったわけです。

 

ほとんどの人は何がほしいかをはっきりさせず、

「なんでもいいからなにか欲しい」

と思っているように感じられます。

 

そうではなく、人になにか聞かれるたびに

「私はこれがほしいです」と瞬間的に言えるようになると、

案外すぐに欲しい物が手に入るはずです。

 

ほとんどの人は自分が何を欲しいのかわかっていません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

追伸

フリースクールで時々、

「何か本フリースクールに差し入れをしてくださると幸いです」

と書いてあるところがあります。

私がちょっと「いいな」と思う団体は、

「以下のものが必要です。キーボード、PC(Officeが入っているもの)」

などと、具体的に書いている団体です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA