好きを仕事にすること批判。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さいきん、職業柄、高校生と話すことが多いです。

「趣味を職業にする」ということを目指す人が多いことに、

自分自身「あこがれ」を感じています。

ですが同時に「あやうさ」も感じています。

私も高校生の頃は好きな事を仕事にしよう、と思っていました。

実際、この夢は半分叶い、半分は違うような気がします。

なぜなら、高校時代の自分って、いまの自分とは全然違うからです。

人は自分が思うほどの人ではないです。

それはプラスの面でもマイナス面でもそうです。

高校時代の「私って、こんな人」

「私はこれが好き」というのは

あんまりあてになりません。

だって、人は日々変わり続けているのですから。

「好きを仕事にする」というのは、たしかに重要なことです。

でも、「いま好きなこと」は本当に「将来も好きなこと」かはわかりません。

大事なのはいつも何かにチャレンジし続ける姿勢です。

それは別に好きな事でも、好きじゃないことでもいいです。

「自分はこれが好きだから、ほかはやらない」ということほど、もったいないことはないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA