シャドウ・ワークと冷却作用Cooling-Out(ゴフマン)の連結について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 人びとが現在の体制を支える形で行う他律労働。それがシャドウ・ワーク(イリイチ)である。これが学歴社会と繋がった際、竹内洋がいう形の冷却作用が成立するのではないか。
 『臨床社会学のすすめ』で大村英昭がいうように、「鎮欲のエートス」(大村2000 :231)が冷却作用にはある。これはイリイチのいうシャドウ・ワークの一つの形ではないか。
 どちらも人を他律的に働きかけるという共通点がある。
 この構造を一体化させられればなかなか興味深い気がするが、さてどうしようか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA