ネットワーク社会のゆくえ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高度なネットワークは田舎にまで張り巡らされた。田舎にいながら、社会と繋がることが可能となった。

過疎の進む田舎と社会が繋がったのである。これは何を意味するのか。

まずかつては都市でしか享受することの出来なかったサービスを田舎で得ることが出来る。過疎化しても、都市と繋がりを持つことが可能になる。Uターンしてくることも容易になる。

文明の発達は都市化と過疎化をうんだ。ネットワーク化はその矛盾を埋める存在であるかもしれない。いや、過疎・過密を防ぐため、断じてそのような働きを持たせるべきである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください