1984

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

洋書でオーウェルの「1984」を読んだ。といっても、学習者用に易しくなっている本だ。

筋はわかる。しかし、英語力のなさがたかり、細部は読み取れなかった。

結局、「読了のための読書」になってしまった。読書の自己目的化である。これでよいのだろうか?

カントが死の床でいったように「これでよいのだ」といいきれれば楽であるのだが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA